コンテンツへスキップ

ショッピングカート

あなたのショッピングカートは空です

記事: ライカカメラに欠かせないアクセサリー

Unverzichtbare Accessoires für Ihre Leica Kamera

ライカカメラに欠かせないアクセサリー

悪天候でも良い写真を撮る方法

熱心なフォトグラファーは悪天候にもめげません。霧や水滴は特別な雰囲気を醸し出し、ライカのカメラアクセサリーを適切に使用することで、素晴らしい写真を撮ることができます。

夢のような雨の写真

天気が悪いと写真も悪くなるという方程式は間違いです。その逆です。天が水門を開いたときに最もよく写るものがある。踊る雨粒、陰鬱な嵐雲、風に激しく揺れる梢、神秘的な霧の漂い、突然の豪雨から避難する人々など、息をのむようなモチーフの多くは悪天候の中でしか演出できない。

ライカの高性能撮影機材は、雨に濡れてこそ、そのコントラストや色彩が本領を発揮します。特に木などの自然物は、濡れると思いがけないディテールが現れます。光に反射して撮影された雨粒は、魅力的な光沢を放ちます。雨の水たまりは、ユニークな鏡像のモチーフとして最適です。濡れた石畳も印象的な効果を生み出す。また、雨上がりに太陽を背にして撮影した虹ほど美しいものはないでしょう!

ライカの必須アクセサリー

雨の写真を成功させる鍵は、適切なライカ撮影機材です。密閉されたレンズとカメラは、悪天候下では特に重要です。優れた雨具が撮影者を濡らさず、高品質のレンズフードがレンズを落下から守ります。ライカカメラ用のアクセサリーとしては、カメラを湿気から守るカメラカバーも人気があります。風景写真家にとっては、悪天候時に三脚に取り付けられる小型の傘が便利です。

雨天時のライカ用アクセサリーとして重要なのは、コットンクロスも持っておくことです。通常のマイクロファイバークロスは雨の中では逆効果です。コットンクロスは水分をよく吸収します。水滴を丁寧に取り除くのに使えます。その後、マイクロファイバークロスでレンズについた筋を完全に取り除くことができる。
あなたの機材にぴったりのカメラバッグや、カメラを守るために必要なものはすべて オーバーワースショップ.クラシックな カメラバッグモダンな スリングバッグ高貴な フォトウィークエンドそして バックパック.もちろん ハンドストラップ、ショルダーストラップ.最高の素材から作られた最高のクラフトマンシップ。あなたやあなたの機材に最適なバッグやアクセサリーを探してみてください!

その他の重要なヒント

- カメラが大きな温度変化に対応する必要がある場合は、乾いた柔らかい布もライカには欠かせないアクセサリーです。モニターに結露が生じた場合は、丁寧に拭き取ってください。

- 雨天時には、フロントレンズを定期的にチェックすることをお勧めします。ファインダーを覗いて絞りが開いていれば、雨粒は目立たないことが多い。しかし、絞りを少し絞るとすぐに目立つようになり、後処理に手間がかかる。

- 雨や雪が降っているときにレンズを交換するときは、カメラの中に水が入らないように注意しましょう。バッテリーやメモリーカードの抜き差しも同様です。水分は故障の原因となり、最悪の場合、カメラやメモリーカード、その他のライカカメラアクセサリーに修復不可能な損傷を与えることがあります。

- 寒さが厳しく、カメラの電源を入れたときにモニター上の画像が通常より暗く表示される場合は、我慢してください!モニターが暖まると、すぐに通常の明るさに戻ります。

- ライカに欠かせないアクセサリーの多くは、保護された保管場所が必要です。例えば、充電式電池を冬場に低温の静止車両に長期間保管しないでください!リチウムイオンバッテリーは、内部での化学反応により発電しますが、湿度や外気温の影響を受けます。極端な低温や高温が続くと、充電池の最大寿命や耐用年数に悪影響を及ぼすことがあります。

- 濡れたり湿ったりしたリチャージャブルバッテリーは充電しないでください。乾いた状態でカメラに挿入してください。

- 電池の消耗が早い場合は、電池が冷えすぎている可能性があります。ズボンのポケットなどで温め、撮影の直前に挿入するのがベストです。

- 充電に時間がかかる場合も、バッテリーが冷えすぎている可能性があります。充電は室温で行うのが理想的です。

- バッテリーが冷えすぎていると、悪天候や低温時にカメラの電源が入らないこともあります。この場合も、ズボンのポケットやジャケットのポケットでバッテリーを短時間温めるのが効果的です。

悪天候の後の機材の手入れ

屋外での撮影が終わったら、ライカの撮影機材が天候によってダメージを受けないように、しっかりと手入れをしましょう。まず、カメラや大切なライカのアクセサリーが濡れないように、濡れたフォトバッグを片付ける必要があります。また、濡れた革のバッグやリュックサックは、湿気のためになめし剤が残留し、長時間容器の中に入れておくと機材にダメージを与える可能性があります。これもできるだけ早く掃除することで防ぐことができる。

ただし、その前に、ライカ写真機を廊下などのあまり暖かくない場所にしばらく置いておく必要があります。暖かいリビングルームで直接開梱すると、カメラ内に有害な結露が発生することがあります。適度な温度で30~60分放置すると、この危険は回避されます。カメラとライカカメラアクセサリーは気温の上昇に順応し、袋から取り出すことができます。

カメラに残った雨滴は、直接なでることができます。雨滴が乾いてしまうと、清掃に時間がかかるようになります。これで、ライカ撮影機材が湿っていないかチェックし、乾燥させることができます。カメラバッグやリュックサックも、次に使用する前に完全に乾かしておく必要があります。

もっと読む

Straßenfotografie rund um die Welt mit Leica

ライカで撮る世界のストリートフォト

ストリートフォトは、他の追随を許さない方法で人生を切り取ることができる。しかし、それには鋭い目と素早い反応、そして信頼できるカメラが必要です。このガイドでは、特に最後のポイントに焦点を当て、ストリートフォトを成功させるために使用できるライカのモデルを紹介します。また、本文では「旅行に適している」という要素も扱います。結局のところ、この点はライカで世界中のストリート写真を撮るために重要なのです...

もっと見る
Ein Blick durch den Sucher: Leica SL2 im Vergleich mit anderen spiegellosen Kameras

ファインダーを覗く:ライカSL2と他のミラーレスカメラの比較

2019年に発売されたライカSL2は、市販されているシステムカメラの中では高価な部類に入るが、一級品の画質とエレガントなデザインなどで印象的だ。この記事では、ライカSL2が他のミラーレスカメラと比較してどうなのか、またフルフレームシステムが持つ様々な装備や機能面でどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。 寸法、重量、デザイン まず目を引くのは、ライカSL2のエレガントさだ。シ...

もっと見る